クロスアクセサリーとキリスト教 グッズの セレクトショップ
ホームクロスベリタスとは

クロスは キリストの十字架 ベリタスは 真理という意味です。

オーナーの上田は 大学の同窓会バザーに 手作りの品を出すことになりクロスのチャームが付いた携帯ストラップを 沢山作りました。 当日売れたのは 150個のうち半分で 残りを友人にあげたりしていましたが 素材が良いものだったので できれば売りたいと思っていました。 

すると近所に レンタルボックスができたので これは良いと 思い 小さいTVサイズの箱でしたが そこでストラップを販売しました。  陳列にインパクトがあるように 個人輸入でクリスチャングッズ 御像 ロザリオなども並べ 楽しんでいました。

そこへ 2005年 尼崎のJRの事故が起こりました。あの列車に乗り損ねて助かった友人や 現場処理に行って 辛い思いをした友人など 周りに痛んだ人がいました。 それで 尼崎駅近くにもレンタルボックスがあり 売れなくても 見てもらうだけで 人の心が癒されたらという願いで ロザリオも作り そこにも出店しました。 予想外に 沢山の若い少年たちが 十字架を買っていきました。

その頃アメリカのある町に旅行した時に 病院にいる少女をお祈りに行ってほしいと頼まれました。 そのお子さんは難病で ベッドの上の生活の方が長いという事で 親御さんも看病に疲れきっておられました。 私は 病院に行く前に 何か持っていった方が良いという感じがして ショッピングモールに行きました。 そこにはクリスチャングッズの店があり 私はミニロザリオを買い求めました。病院で つたない英語で祈り 彼女に これを握って祈りなさいね 主はいつもあなたと共にいるからと言いました。 何か目に見えるものがあった方が良いと 私は思ったのです。  その後 彼女は癒されたそうです。  

 

日本では クリスチャングッズを扱うお店が少ないです。昔、梅田の阪急百貨店の中に 小さなホーリーコーナーがあって シスターがおられました。 私は 高校生の頃よく行きました。 梅田新道の楽譜屋さんからそこを回って帰るというのがコースのようになっていて 何も買わなくても安らぐコーナーでした。 そこもとっくに無くなり 昔は普通の本屋さんに有った聖書も 占いの本に変わってしまっています。 アメリカでの体験の後 クリスチャングッズのお店がふつうに有ったらよいなあと云う気持ちは強くなっていました。それで レンタルボックスの運営を 親の介護が入ってきたのを機に 2007年より ネットショップをすることになりました。過去に個人輸入の仕事をしていたので 日本に無いクリスチャングッズをという意気込みで お品をそろえました。 おかげさまで その仕事は今も続けることができ お品も善し悪しの見極めがつきアメリカやイタリア、フランスとお仕入れ先も増えてまいりました。  

ネットショップクロスベリタスが整うとともに 私の長い間の祈りもクリアーになってきました。 それは2012年の12月。知人の神戸のレストランのオーナーのかねてからのリクエストで レストラン物件を探している時に突然実現したのです。 私は 教会の敷居が高いといつも思っています。 神社に参拝と云うのは誰でも入って行ってできますが 教会は ごめん下さいとはなかなかできません。でももし 駅前に 誰でも入れる喫茶店の様な 映画館のような教会が有ったら 誰でもそこで ゆっくり祈ったり 泣いたりできると思ったのです。 

それで 20年くらい前から祈っていました。 駅前教会です。 それに ぴったりの物件が現れたのです。 25年くらい前に建った JRの芦屋駅前に有るショッピングモールの中の小さな店舗でした。元はアクセサリーやさんで 手間をかけずともショップを開く事ができる物件でした。 本当のところは私は教会を願っていますが 実際の教会を運営するには私の力も無く、維持費や人手をかけられるわけもなく 今運営しているネットショップの延長でショップをするのが 一つの方法かと考えました。 場所は外からは見えない条件は良くないところですが アプローチが大理石の長い廊下で 古いにもかかわらずピカピカです。 毎日手で係の方が磨いておられるのです。主に感謝してお店を出す事にしました。

ここはわたしの教会 と主が言って下さっていると信じて 沢山のイエス様を知らない方たちのため 又 阪神間は昔教会に行っていたのよという方の多い事 幼稚園がキリスト教だった 小学校がという方たち 小さい手を合わせてイエス様に祈った事のある方たちのためにも 店の十字架を見て思いだしていただきたいという願いで オープンさせていただきました。 アメリカではちょっとしたショッピングモールにでも クリスチャンブックショップや ギフトショップがあります。 そのような店でもよいと思いましたが クリスチャン限定ではなく どなたでも境界なく入りやすい品ぞろえを目指しています。そして 日本のクリスチャンアイテムの品質の底上げ より良いものを世界中から探して お届けする気持ちでおります。

沢山の方がオープンに際して御助けを下さいました。 三人のショップスタッフも与えられ 同年代の前職をリタイヤした人が交代で 絶妙のバランスで働いてくれています。これからは 高齢者もできる範囲で仕事を持ちつつ 豊かな時をすごすのが理想と思います。 私たちのワーキングシェアーも予定したわけではないのに 主の導きと守りの内に行われています。 クロスアクセサリーの専門店として 不思議と誰にでもにあうクロスのアクセサリーを通して イエス様の愛 見えないけれど確かに有る神の愛を 付ける人にも それを見る人にも お届けしたい。  そして神の最善がなりますようにと願いつつ 日々運営して行きたく思っております。 最後までお読みくださってありがとうございました。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス